金融商品にはさまざまなものがありますが、中には円建てではないものも。たとえば、アメリカの「ドル」やヨーロッパの「ユーロ」といった外貨で預けたり買ったりする外貨建てのものもあります。


外貨建ての金融商品には、円建てにはないメリットがあります。まず、海外のほうが利率が高いということです。今の日本の銀行は金利が非常に低いため、外貨のほうが金利は高くなるでしょう。


外貨建てのものであれば、為替差益を得ることもできます。円と外貨を交換する時には為替レートが用いられますが、この為替レートの変動かによって高い利率に加えて為替差益も得ることができ、利益が上がる可能性があります。


外貨両替であれば、広い意昧での分散投資も可能です。日本の株や債券、投資信託などで資産の分散を考える人も多いと思います。しかし、日本全体の経済が停滞してしまうと、高い収益を上げることが難しくなるでしょう。外貨にも投資しておけば、日本経済が落ち込んでいる場合もアメリカやヨーロッパがあります。つまり、国際分散投資をすることで、投資のリスクを減らすことができるでしょう。


また、現在の日本は少子高齢化が進んでおり、経済規模が縮小と考えられています。そうなった場合、国際的に円の価値が下がるかもしれません。その時に「円」だけで資産を持っていると資産全体が目減りしてしまいます。しかし、外貨に分散して持っておけば、資産の目減りを抑えることができるのではないでしょうか。