プロのスポーツ選手を見ると、アマチュアとの力の差がはっきりとわかると思います。では、投資も同じようにプロの方が強いといえるのでしょうか。


外国為替証拠金取引に関していうと、必ずしもプロが勝つとは限らないそうです。プロとアマの間に決定的な差がなく、最終的にはアマが勝つことが多いといわれています。


プロとアマには「時間」という点で大きな違いがあります。プロの場合は会社の資産を運用しているため、どれくらいの損益があったのかを報告をしなければなりません。その報告によって自分の運用成果が評価されますので、損をしたという報告はなるべくしたくないと考えるでしょう。すると、損失が大きくなる前に、早めに損を切ってしまおうという考えが生まれます。さらに、決算や締めといった要素もあり「評価と時間」という縛りが多くなって損切りを優先するようになるでしょう。


一方、アマチュアであれば、運用しているのは自分のお金です。損をするのも得をするのも自分であり、好きなように取引できます。満足するくらいの利益が得られたらすぐに売却してもいいですし、レートが下がっても損をしたくないから上がるまで待つこともできます。また、待っている間は、コツコツとスワップを積み上げることにもなります。


プロが大きな損失を出すことは少ないと思いますが、さまざまな縛りのせいでコツコツ損切りをして結果的に損を積み上げることにもなります。一方、アマはほとんど何にも縛られず外貨を持ち続けることができ、最終的に損をすることが少なくなるでしょう。