50銭幅という細かい単位でも上手に取引を繰り返していれば、10万ドル単位の場合は5万円ずつほど着実に利益を増やすことも不可能ではないと思います。儲けが出れば、その分を引き出したいと考える人も多いかもしれません。実際、毎月決まった金額を引き出している人も少なくないそうです。

しかし、このように少しずつお金を引き出していると、投資に使えるお金が増えていくことがありません。むしろ、海外旅行へ出掛けたり大きな買い物をしたりなどと生活が派手になっていくことも考えられます。しまいには、先々の儲け分まで先取りして無駄遣いしてしまうこともあるかもしれません。こうなってくると、使った分は何とかして儲けようと考え、精神的なプレッシャーがかかるでしょう。プレッシャーがかかれば焦りが生まれ、取引でミスをしてしまうかもしれません。

何が言いたいかというと、利益が出た分は使わないようにするべきだということです。毎回、利益分を使い果たしてしまっては、資金が増えていくことはありません。そのうえ、元手を維持することすら難しくなってしまうでしょう。余裕を持った取引には、十分な資金が必要です。資金が不足していると、チャンスの時でも取引が制限されてしまうことにもなります。もっと資金を残しておけばよかったと後悔した時にはもう遅いのです。外国為替証拠金取引では、資金が多いほど儲けるチャンスが増えるといえます。したがって、利益を使うことよりも、残すことを優先的に考えましょう。