外国株式を買う主な方法は4種類です。一つ目は、東京証券取引所に上場している外国企業の株を購入することです。おそらく、これが一番簡単な方法だと思います。円で購入できることに加え、株価を円表示で新知ることができるので値動きを把握しやすいです。また、手数料や取引時間などは日本の株を購入する場合と同じであることが多いようです。しかし、銘柄の数はそれほど多くないのがデメリットです。


二つ目は、証券会社が保有している外国株式を購入する方法です。この方法では、証券会社が海外市場の株価を参考にして、手数料を含めた売買価格を設定しています。購入可能なは、証券会社が保有するものだけです。


三つ目は、日本の証券会社を利用して海外市場で株を購入する方法です。この場合、海外市場での手数料と日本の証券会社への手数料の両方が発生します。また、株の売買代金は円ではなく外貨で行われるため、為替のリスクが存在することに注意が必要です。


四つ目は、インターネットでアメリカの証券会社に口座を持つやり方です。アメリカのネット証券会社には、アメリカに居住していない人でも口座が開けるところがあります。口座開設の手続きなどは英語でやらなければならず、口座への送金には手数料がかかります。


この4種類のうち、一番身近な方法は三つ目だと思います。最近は、外国株式の取扱いがある証券会社も増えており、アメリカのニューヨーク証券取引所とナスダックに上場している株が多いと思います。