多くの人が気になるのは、外貨預金のリスクだと思います。外貨預金には為替のリスクがつきもので、最悪の場合、元本割れすることもあるそうです。


一般的に外貨預金は、円高のときに預け入れます。満期を迎えた時に円安となっているのがベストですが、必ずしもそうなるわけではありません。為替の動向をぴったり当てることは困難ですが、円高傾向なのか円安傾向なのか、大体の見当をつけておくことは必要になってくるでしょう。また、銀行のホームページなどでは、自分の預金が元本割れする為替レートをシミュレーションすることができますので、合わせて確認しておくと良いと思います。


外貨定期預金が満期になった場合、円に両替しないで定期預金を継続することもできますし、外貨普通預金に預け換えることも可能です。この方法は元本割れを防ぐ手段として有効です。なぜなら、定期を継続したり、普通預金に預け換えたりすることで円安になるタイミングを待つことができるからです。ただし、普通預金に預け換える場合は、満期日前に銀行に申し出ておく必要があるケースもあるので気をつけましょう。


ほかに、トラベラーズチェックに換えたり、外貨のまま海外にいる家族へ送金したりすることもできます。ただし、トラベラーズチェックの発行や海外への送金には手数料がかかります。また、外貨のままでのままで引きだすこともできますが、外貨を円に戻す為替手数料よりも高い手数料がかかる場合がありますのであまりおすすめしません。