高い金利の外貨預金に興味はあるけれども、為替のリスクで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そんな人には、為替特約付きの外貨預金がおすすめです。


銀行によって多少の違いはあるものの、満期の直前に「判定日」を設けてその日の為替レートで満期金の受け取りが円なのか外貨なのか決まることが多いです。判定日のレートが預入のときのレートより円安の場合、満期になった預金は預入時のレートで円に外貨両替されます。この場合、普通の外貨預金であれば受け取れた為替差益はありません。ただし、利息は受け取ることができます。反対に、預入時に円高になっていれば、外貨のまま戻ります。円に戻さないため、為替差損が発生することもありません。


このように、為替特約付き外貨預金は、円高のリスクが低減できる一方で、円安のメリッ卜が得られないという特徴があります。仕組みを理解するのも簡単ではありませんので、説明をしっかり聞いて、メリッ卜とデメリッ卜を事前に把握しておきましょう。


円と外国の通貨の交換が行われることで為替レートは変動します。たとえば、日本からアメリカに商品を輸出している企業が受け取る代金はドルです。そして、これを円に両替します。アメリカから輸入している企業であれば、逆のことが起こります。しかし、輸出量と輸入量は常にイコールというわけではありません。その時々で円を買いたい企業、ドルを売りたい企業のどちらかが多くなることもあります。需要が多ければ高くなり、需要が少ないと安くなります。