外国為替証拠金取引の売買方法には二種類あります。一つはドルが値下がりした時に購入してレートが高くなったら売却する方法です。これは、外貨に限らず、普通のビジネスと変わりませんので利益が出る仕組みがわかりやすいと思います。二つ目の方法は「ドルを売る取引から始める」というものです。

外貨を購入する場合、その外貨のレートが上がることを予想して購入するでしょう。しかし、下がると思う場合は、ドルを売るところから取引をすることができるのです。買ってないものを売るというのは理解しづらいかもしれませんが、簡単に言うと先にドルを売る注文を出しておいて、将来そのドルを買い戻すことでもうけるということです。

売りから入る方法は、初心者のうちはあまりおすすめできません。この方法で利益を出そうとは考えない方が賢明でしょう。安く買って高く売るということに重点を置くことが大切です。

また、売りから入る場合は通常であればもらえるスワップを支払わなければなりません。これも初心者にはおすすめできない理由です。ポジションを持っている間は常に不安がつきまといことになるからです。さらに、売りと買いの取引を並行して行っていると状況がわかりづらくなり、結局相場がどのようになればもうかるのか混乱してしまうことも考えられます。ドルが下がると思うのであれば、売りの取引をするのではなく、下がってから購入して高くなったら売るという基本を実行するのが良いでしょう。