「投資信託」の長所は、少ない資金で広く分散投資ができる点にあると思います。利用されている投資信託は日本の法律に基づいて日本で設定、運用されているものが多いと思いますが、外国の法律に基づいて設定、運用される海外ファンドもあります。


投資信託が生まれたのはイギリスで、アメリカで発達したといわれています。そのため、欧米の運用会社は、長年の経験により資産運用のノウハウやリサーチ力が高くなっており、優秀なファンドが数多く存在しています。また、外国投資信託は投資対象が特定の国に限られず、全世界が投資対象となっているため、より広い分散投資が可能です。さらに、日本では法律上組み込めない投資対象を対象としたり、日本では不可能な運用手法を選択できたりするのも特徴です。外国投資信託なら、個人投資家でもワンランク上の資産運用ができるといえますが、外貨建てのため為替のリスクはあります。


外国投資信託は、証券会社が日本への輸入と販売の取り次ぎを担っています。証券会社によって外国投資信託の取り扱いの有無や、取り扱うファンドの種類・数は大きく異なります。投資したいファンドがある場合は、どの証券会社が取り扱っているかは調べる必要があるでしょう。


外国投資信託は、米ドルやユーロなど外貨建てになっているため、基準価格も外貨で表示されます。したがって、購入価格がいくらになるのから、基準価格を円に換算しなければなりません。外国投資信託の場合も、証券会社に外国証券取引口座を持っている必要があります。