みなさんお仕事は何をされているでしょうか?

正社員の週5勤めで、土日休みの方。パートで週3働いている方。 サービス業で土日は忙しいという方や、自営業でいろいろと事業を展開されている方。 現在専業主婦(主夫)で、在宅でできる仕事や投資を探して、外貨両替に行きつく方もいるかもしれませんね。 他にもいろいろな方がいると思いますが、外貨両替の相場はどちらかというと週5勤めの会社員に近いです。 相場は一応365日のどの時間も取引が可能ではありますが、土日はお休みになります。 世界中の投資家たちや銀行が休むということもあり、取引量が手薄になるためです。

こうなると平日は会社で働いて、土日に投資したいという方にはちょっと不利かもしれません。 デイトレやスキャルピングといった超短期トレードはリアルタイムで画面に張り付いていないといけないので、平日に時間が取れる方でないと難しいでしょう。 そういう方には短期売買ではなく長期目線で考えて取引をすれば、じっくりと考える時間もとれるので長期トレードがおすすめです。 株取引では前場・後場(ぜんば・ごば)というもので時間帯が仕切られていますが、これと同じように外貨両替でも割り振りが決めれれています。

たとえば東京市場は午前9時から開かれ、ロンドン市場は午後3時から開始されます。(※午後5時に東京市場はクローズします) 日本時間で言うところの午後9時になってようやくアメリカのニューヨーク市場が開くわけですが、この時間帯からが本命と言っても過言ではなく、一番取引が活発になります。 このように外貨両替は1日中休みなく、世界中の国々をバトンタッチしながら平日の5日間をリレーしているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です